『宮澤賢治全集』十字屋書店版の藤原の検印と「賢治のチェロ」が嘉藤治から清六へ渡った清六のはがき


『宮澤賢治全集』十字屋書店版の藤原の検印と
「賢治のチェロ」が嘉藤治から清六へ渡った清六のはがき


1).今年は宮沢賢治生誕120年であるが今から70数年前の昭和14、15年から戦中の18、19年にかけて十字屋書店から『宮澤賢治全集』第1巻~5巻、6巻~別巻の7冊が出版されたことをご存知の賢治識者はあまり多くはないかもしれない。草野心平をはじめ著名な初期の賢治関係者、研究者の8名の編纂になる上製本で装幀は高村光太郎である。今でも色褪せない柿渋の装幀の表紙と光太郎の太い金字の題簽と筺が見事である。本全集は主として前述の戦時中と戦後直ぐと昭和27,28年頃のおおよそ三種の校訂版があり、10数年間にわたって出版された。その最後の27,28年版の奥付の検印が明らかに「宮澤」ではなくすべて「藤原」なのである(別表1)。図書館を始め世上にあるこの「全集本」の30%ほどは「藤原」の検印なのだ。なぜなのだろうか。浩瀚な賢治文献の中にもこの手がかりはないようだ。

2016. 5.22 追記
5月19日紫波町図書館(オガール広場)に出かけ『宮澤賢治全集』十字屋書店版の1~別巻まで7冊全部が「藤原」検印(藤原嘉藤治)のものを寄贈した。紫波町が藤原嘉藤治のふるさとだからここに収まるのが一番かなと・・・。
最終的な全集改訂版の全容は次表の通り。「藤原」検印は全巻にあった。

2016.11. 2 3回目の追記
『宮澤賢治全集』十字屋書店版の「藤原」の検印の最新版リスト。全132冊中の40冊(30.3%)が「藤原」の検印。よく見ると花巻市立図書館は県内一の28冊の蔵書を要しながら「藤原」検印はわずか1冊!!。宮澤家の手が回っている??。紫波町立図書館には全巻「藤原」検印の蔵書があるヨ。
画像
2018年8月10日に稀少な別巻の初版を入手した。改めて上記の「藤原嘉藤治の検印表を掲げておく。
画像

2).藤原嘉藤治のふるさと紫波町の有志によって開拓時代の嘉藤治の功績が語り伝えられていて、Web上の「かとうじ物語」は有益である。このなかにあの記念館にある賢治の遺品の「賢治のチェロ」が嘉藤治から清六へ渡った経緯の「清六のはがき」の存在が紹介されている。今回このはがきの全文を入手したのであわせて紹介したい(別紙2)。消印は昭和30年4月5日付、4月9日嘉藤治がチェロを持参し10万円を受領した。「かとうじ物語」によると昭和28年から30年に至る冷害で入植後数年の開拓はこの時極度の苦境に陥ったという。このことと上記の「藤原」検印の事実とは多少の時間差があるもののなにか関連があるのだろうか。既成の賢治文献にこのことの記載は皆無のようで謎のままである。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック